三十三歳で早世した天才ピアニストDine Lipattiについて改めて~

Pocket

ディヌ・リパッティというピアニストについて数か月前に書いた。

リパッティは素晴らしいピアニストだと再認識した

先日再びラジオで取り上げられたので、また書いてみたく思った。

標準音楽事典によると、1917.3.19~1950.12.2 ブクレシュティ音楽院に学び、1934年に

ヴィーン国際音楽コンクールに2位入賞した際、審査員の一人であったコルトーにその才能を

高く評価され、パリにまぬかれたのち、作曲や指揮も学びながら研鑽をつんだ。

大体前に書いたのと同じような内容があっさり書かれているだけである。

くだんのラジオ番組は、用事で外出し、最初の方しか聴くことが出来なかったのだが、20代の後半に

体調不良を感じ、結果白血病である(正確な病名は失念した)と判明、治療しつつヨーロッパの

あちこちで演奏活動を積極的に行っていたという内容を紹介していた。

その演奏は、破たんのない、粒ぞろいのタッチと揺るがない技術、音楽性の豊かさなどで

彩られた優れたものである。病の影など感じる余地はない。

壮絶とも言われる最後のコンサートでは、プログラムに記載された曲を大方弾き終えたところで倒れ、

それでも一曲以外すべてを演奏しきったという。

命を削るように演奏家は演奏をするとも言われる。音を楽しむ余裕などそうそうは無いのである。

以前、音楽活動を活発にしている知人と話したことがある。

「苦労の後の全く見えないピアニストだ」という意見の一致をみた。いともたやすく音を紡ぎ出す、

そんな演奏なのである。

三十三歳という、これからという年齢でこの世を去ったリパッティだが、遺された演奏からは

彼の音楽のゆたかさを感じずにはいられない。

もし機会があれば、是非ディヌ・リパッティというルーマニアのピアニストの演奏を聴いてみて頂きたいと思う。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)