アコーディオン

聴音って何?音を聴くということ~続き

興味を持って読んで下さった方がおられたので補足の形で書いてみる。

随分前に書いた文章の繰り返しになるが、

旋律ないし、和声(音が同時に鳴るもの、としておく)の二種類が基本となっている。

ピアノで教師が、まったく知らない「曲」を弾く。初めは聴くだけ。二度目も聴く

だけの場合もあるが、譜面に書いてもよい場合もある。

大体五回くらいで、書く時間も与えられるが聴いたものをすべて譜面に落とさねばならない。

これが聴音である。

楽器を弾く人、曲を書く人、歌を歌う人、指揮をする人、音を作る様々な人、そういう人に

欠かせない能力なのだ。

そのレベルというのもまさに千差万別である。

さて、これが天才の域に入るとどうなるか。これまた既出の自分のブログからで恐縮だが、

書いておく。

爾来、教会音楽というと門外不出の曲が多々あり、今のご時世と違って録音など全く

出来ないロココ時代、モーツァルトがまだ子供の頃のこと。

ある日ある教会で、ミゼレーレという曲が演奏された。これは当時、楽譜の持ち出しを禁止

されていたもので、勿論少年モーツァルトも初めて聴いたのである。四声と五声の二重奏、

と言っても、それぞれが四つのパートと五つのパートに分れているので、九つのパートが入り

組んだ宗教音楽で、アレグリという、当時は良く知られた作曲家によるものであった。

演奏時間にして、十数分であろうか。

大人たちと共に教会でその曲を聴いた少年モーツァルトは、曲に大いに満足したようである。

宿に戻ってか食事時か、とにかく、大人たちは口々に素晴らしい曲であったとほめそやす。

あの曲の譜面が手に入ればなあ…

すると少年モーツァルトは言う。僕、あの曲覚えてるよ!

そしてすらすらと、五線紙にミゼレーレ全曲を書いてしまう。

大人たちがそれを読むと、確かに先ほど聴いた音楽そのものであったという。

殆ど間違えのないものだったのだ。

これをやれ、と言われて出来る音楽関係者は恐らくかなり少ないと想像できる。

勿論たぐいまれな記憶力と聴音能力があれば別であろうが。

因みに私の通っていた学校で、一番聴音の出来るレベルの生徒たちは、

ピアノをこぶしで適当にバーンと叩く。その、叩いた本人さえどの音を弾いたか

判別出来ないであろう音を全て聴き取ってしまう、そういう能力を持っていた。

恐るべし。

ちょっと音が聴ける。そんなささやかな自尊心が吹き飛ぶには充分である。

鳥と空

ピアノ小品を聴いてみよう!

鍵盤楽器をやっていると余り管弦楽曲とは縁がないことが多い。

ピアノ協奏曲などなら別だが、室内楽や伴奏なら他の楽器とやる訳だけれど、大抵は一人で演奏すること

が多いのだ。

そして曲の数も他の楽器に比べるとこれまた圧倒的に多いのも事実である。

余りクラシックなど聴かないという人にも、クラシックは好きだけどピアノ曲は余り聴かないという人

にも、それほど知られていないかもしれないけれどちょっと面白かったり興味を引けそうな曲を数曲

ご紹介してみたい。

まずはショパンの前奏曲、作品28の20番。これは弾くと誰の曲?と聞かれたりするのだが、短い曲で

構成も複雑では無いけれど、最初に激しい調子の和声で進む主題があり、それをそっと和らげる

ような静かさのフレーズが二度繰り返されるという変わった曲だ。

次はメンデルスゾーンの無言歌の一曲。有名な春の歌などとは違って余り知られていない感じだが、明るい

光を求めるような心地よさがある。

最後に、先日も取り上げた、カバレフスキーの小品より、ノヴェレッテ。中編小説といった意味があるがこれ

は物語というくらいのニュアンスの曲だろう。なかなか雰囲気のある、小品だ。この子供のためのピアノ小曲

集の中では特に好きな一曲だ。

 

自分で弾いた拙い演奏のもので恐縮だが、数曲取り上げてみた。

この中で一曲でも面白いな、綺麗だなと思える曲があったら幸いである。

おもちゃの三輪車

ドミトリー・カバレフスキーという作曲家

ピアノを習い始めたころ、カバレフスキーの小品集をやることになった。

年齢から言えばこの年でなぜ弾くのかという曲集ではあったが、譜面を見ると

面白そうであったし、師について初めて貰った楽曲がこれであったと記憶して

いる。なにしろ遠い昔のことだからあいまいなのだが。

このカバレフスキーは、1904年生まれのソビエトの作曲家である。

亡くなったのが1984年であるから、現代音楽の作曲家と言ってしまいたいところ

だが、書いた曲は例えばシェーンベルクだとかクシェネクだとかそういったいかにも

現代音楽を書きましたという作曲家とはちょっと違って、寧ろ聴きやすい曲が多い

ように思う。ピアノ曲などもそうである。

比較的最近この人の曲が日本でも多く聴かれていたようだが、それは管弦楽曲組曲

「道化師」がフィギュアスケートの音楽として使われたからだろう。

音楽の友社の「新訂標準音楽事典」によると、

1939年よりモスクワ音楽院の作曲家教授となり、ソヴィエト音楽における

軽妙洒脱な面を代表する作曲家として活躍していた。

とある。

そのカバレフスキーに「こどものためのピアノ小曲集」作品27という

曲集があるのだが、これが始めに書いた、最初に師に貰った楽曲で

あった。他は指の練習のための曲やバッハやらをみっちりやって

いた中で、楽しい曲なのでいい意味で息抜きにはなった。

久しぶりに数曲ピックアップして弾いてみたので、こちらをお聴き

頂ければときっと面白い作曲家だな、と思って頂けると期待している。

最初は静かな曲を三曲。短いのですぐに終わる。

次は「いたずら」という軽快で風変わりな曲。結構軽妙に弾かなければならないので「曲として」仕上げるの

は比較的難しいかもしれない。

いかがだろうか。ちょっとでも面白い、と思って頂ければ幸いである。

6845068383_32962a0d9d

Autumn in New York ニューヨークの秋を夏に弾いて~

以前から好きなジャズの曲である、ニューヨークの秋。

オスカー・ピーターソンが弾き語りをしているのをCDで持っているが、切ない歌詞が

物憂いメロディに乗って快く響く。

それを敢えて弾いてみた。

どんな組み合わせの音ならより良く聴こえるのか、調べてみてまたCDの話も

そのうち書きたいと思う。

100530_1230~0002

平均律第三番の前奏曲とテンペストを動画にアップしてみた

YouTubeを始めてみることにした。

実際にアップしたのは合わせて三曲である。どうにも不満の残る部分が多いけれど

テスト的なものとして、お耳汚しに。

数日ぶりに弾いた、ベートーヴェンのテンペスト。ミスタッチが目立つが、

テストであるのでそのまま。第一楽章のみ。いずれまた弾きなおす。