あのピアニストで聴いたラフマニノフ三番

どちらかというと第二番の協奏曲の方が知られている、ラフマニノフのピアノ協奏曲。 個人的にはこの第三番が好きなのだが、たまたまラジオで流れていてそれを聴いて演奏者に ついて考えさせられたのでちょっと書いてみる。 私の持って …

「夢のあとに」の歌詞の翻訳に挑戦!

フォーレの楽曲に「夢のあとに」という歌曲がある。この曲はフォーレが1880年頃に書いた op.7-1にあたる曲である。詩人のロマン・ビュシーヌの詩によっている。 大抵、歌ではなく、弦楽器(ヴァイオリンやチェロ)などで奏さ …

ドミトリー・カバレフスキーを知っていますか

ピアノを習い始めたころ、カバレフスキーの小品集をやることになった。 年齢から言えばこの年でなぜ弾くのかという曲集ではあったが、譜面を見ると 面白そうであったし、師について初めて貰った楽曲がこれであったと記憶して いる。な …

比類無きグレン・グールドのバッハ

今更言うまでもない話だ。しかし書かずにはいられない、自分にとって一つの 聖域のような…しかも不可侵の領域のような曲の数々をこの世に残したバッハの とりわけても比類のない楽曲のうち、「ピアノのための」曲の殆どを録音した ピ …