さて、ひといき入れますか…

2年 ago roman 0
Pocket

何かの区切りが付いたとき。

仕事でも勉強でも、別になんでもいい。掃除でもいい。

何かちょっとしたことでも、終わってやれやれ、ほっとする。ちょっとした

達成感と、やり遂げたという安堵があって、そして、一息いれたいなあと思う。

そんな時に聴きたい曲はやはりさまざまであろう。

今日私は、仕事をしながら既に音楽を聴いていたのだが、ようやく終えた仕事のあと

さて、何を聞こうか、ちょっと迷った。

パソコンに取り込んである、さまざまな音楽のタイトルを見ながら、どれが良いか

迷っていて、何故かショパンがいいような気がして、暫くショパンの小品、

マズルカなどのCDを聴いていたのだが、どうもピンとこなかった。

立ちあがって、最近飲んで美味しいと思った、黒糖ラテをマグカップに仕込んで、ひとくち。

暖かさともに柔らかな甘さと香りが五臓六腑にしみわたる感じである。

そこでふと思った。

クラシックじゃない何かを聴きたい感じだな、これは。

そして、久しく聴いていなかったのを、たまたまパソコンに取り込まれていた、ビリー・

ジョエルのベスト盤から、結構いいなと思っている、Don’t ask me why をかけた。

聴き終わってみて、いつもならいいと思うのだがこれまた今はちょっと違うかんじだ。

ちょっと視点を変えてスティービー・ワンダーの キーオブライフ(名アルバム!)の

中から、Pastime Paradaise を選ぶ。

おお、しっくりくる、これが欲しかった感覚か。と納得しながら聴いている所だ。

早熟な天才とも呼べるスティービーの素晴らしいアルバムの中の一曲である。

知らないよ、そんな曲、というひとには、聴かずにいるのは勿体ないよ、と言いたい。

結構複雑なコード進行の曲を書くスティービーであるが、どんどん転調しながら、柔らかく、

あるいはきつめにリズムを刻んで、変幻自在なメロディーを織りなす曲の数々は、古びずに

わたしたちを魅了する。

カフェラテをゆっくりと飲みほして、曲は終わった。満足の溜息が出た。

次は弦が聴きたいな。

音楽をたっぷり堪能する午後になりそうである。

Pocket