まだまだ花粉

3年 ago roman 0
Pocket

この季節、一月の末から五月初旬にかけて、小学校低学年の時以来アレルギー性鼻炎と診断され

未だにこれが続いている。

アレルゲンは、目と鼻と喉を直撃し、微熱やら、眠気やらのおまけ付きで症状が続く。

外では桜が、強風にもめげず今を盛りと咲きほこり、木々の新緑が少しずつ、その緑の深さを

増していく。ときは春。

アレルギーさえなければ最高なんだが…

と毎年思う。イネ科らしい植物の花粉にも反応するので、秋口にも油断は出来ない。

同じアレルギー持ちの方ならお解りだと思うが、本当に鬱陶しいことではある。

マスクを付け、まぶしさが普段以上にきついので、サングラスをかけて、外出する。

ジャケットにパンツ姿などが多いので、ちょっと堅気で無い雰囲気を漂わせているらしい。

しかし小さい子供などには面白い生き物として映るようで、好奇心を集約した、きらきらした

まなざしで見られてしまったりもする。いずれもやはりハズカシイ。

医師いわく、夏に近くなると白樺も花粉飛ばすよ。ということなので、まだまだこのマスクとグラサンが

続くのだなあと、ちょっと溜息をついたりしている。

Pocket