ゲゲゲの…

3年 ago roman 0
Pocket

ド ♭ミ  ド ド♭ミ ファ♯ファー 耳にすれば何の曲か、大抵のひとが知っている音楽である。

作詞 水木しげる 作曲 いずみたく ゲゲゲの鬼太郎の主題歌である。

この曲は、結構単純な音で構成されている。最初の部分は、この曲の調性であるハ短調の一度

(他のジャンルでいえばコード)の和音を分散させ、ちょっと色づけに♯ファを使っている。

全体として、つとめて奇抜な部分があるわけでも、変化をつけているわけでもない。

それなのに、多分、一度聴いたら、忘れられないような、そして、個人的には名曲であると思う。

衒いがないのに、凡人には出来ない、組み合わせの妙などを用いて、音を造り上げ、優れた

作品を造る。それが出来るのが才人なのであろう。

夏といえば怪談である、という訳ではないが、何がきっかけかは忘れたけれど、この曲が

ふと頭に浮かんでしばらく消えずにいたのでちょっと書いてみた。

アニメの主題歌には、なかなか良い出来のものが多い、という気がしてくる。

その中身は知らなくても、主題歌は聴いたことがある、という曲も含めて、である。

最近のものは、数年来、テレビを観ないのでさっぱり分からないが、再放送も含めると、そこそこ

観て来たと思う。かなりの偏りはあるが。

子供向けが多いこともあるだろうが、歌詞も分かりやすく、テーマもはっきりしていることも

名曲を生む要因なのだろうか。

先に書いた、ゲゲゲの鬼太郎と同じ和音が(調性も一緒である)、ベートーヴェンの交響曲、運命

の冒頭でも使われている。リズムは違って、こちらは、ソソソ♭ミーーーーーーであるが。

運命という題も、この冒頭のメロディーも、知られたところとは思うが、題名は、本人が付けたので

なく、このように運命はその扉をたたく、とベートーヴェンが言った、というエピソードから命名

されたという。この作曲家の曲のうち、題名のある曲の殆どは、本人が付けたものではない、という

のも、なんだかおかしな話だ。

久しぶりに、ベートーヴェンの運命を聴いてみようかな、鬼太郎の主題歌から、そんな気分になった、

初夏の夕である。

Pocket