久し振りに!You must believe in springを聴いた率直な感想

Pocket

随分前のこと。

友人宅に遊びに行って、「これいいよ!」と薦められたのが

このBill Evansのアルバム、「You must believe in spring」であった。

とりわけ日本で人気の感があるジャズピアニストで、黒縁メガネにおとなしげな髪型、

きちんとスーツを着てピアノに向かうその姿は、知性に溢れているようでもあり、その人柄を

伺わせる気がした。

聴かせて貰ったこのアルバム。なんだか気に入った。そうしていつでも好きな時に

聴きたいと思った。

早速、中古でだったと思うが入手して、自宅でのんびり聴いてみることに。

ゆったりした気分になる、いいアルバムだ。そう思った。

その当時はまだ、カウント・ベーシーのまさにこういうピアノが好き、という演奏も聴いては

おらず、セロニアス・モンクもろくに聴いたことが無いということがそう思わせた感が

なきにしもあらずであるが…。

今聴いて、三曲目くらいまでは、休日の、爽やかな朝という感じであった。

少々違和感を覚え始めたのが四曲目くらいの時。

何だか以前聴いた時とは違う気がしたのだ。

どこがどうとは言われないが、そう感じた。

それがいったい何によるのか。

他の曲も聴きながらまた、このピアニストについて考えてみたい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)