ユーモレスクに郷愁を感じて

Pocket

好きな曲、気になる曲、思い出の曲…さまざまな音楽に囲まれて、私たちは暮らしている。

ラジオからは始終音楽が鳴っているし、テレビも効果音やCMも含めば音楽の洪水のようだ。

外出先で店に入る。そこでも音楽が流れていることが多い。

そんな身近にある音楽、さまざまな曲について少しずつ書いていこうと思う。

今朝聴いていた、ドヴォルザークのユーモレスク。調性は原曲とは違うけれど、

ソ ラソ ラシ レミ レソ ♯ファラ ソ♯ファ ラソ ミ♪で始まるこのメロディーは、

やわらかく、どことなく哀愁を帯びていて、いかにもドヴォルザークらしい楽曲だ。

原曲はピアノ曲であるが、ヴァイオリン名曲集などと銘打ったCDに大抵おさまっているから、

メジャーなクラシックの楽曲と言えるだろう。これは、クライスラーという名ヴァイオリニストで かつ、

優れた作曲と編曲を残したオーストリアはウィーン生まれの音楽家の編曲による。

出だしの、テーマの部分の後に、第一展開部とも言えるメロディーが現れる。ここから暫くは

この曲を全部聴かないと知らずに終わってしまう。この後ふたたびテーマがちょっとだけ顔を

出し、すぐ、短調のやや激したメロディーが続くのだが、少しすると雲間から覗いた太陽が

地上を暖かく照らすように、最初の明るいテーマが現れる。

私がこのたび聴いたのは、 クライスラー本人による演奏であるが、非常に柔らかく滑らかな音で、

決して誇張もせず、 かといって技術だけの味気ない演奏などでは勿論無く「音楽」をやっている、

貴重な演奏の ひとつと言えると思う。 四分にも満たない小品ではあるけれど、全部を聴いたことが

ないという方には、全曲を聴くこと をお薦めする。不思議な魅力のある世界への、

入口になるかもしれない。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)