蔵カフェ/東京都府中市のギャラリーリサイタルを聴いて

3か月 ago roman 0
Pocket

昨日、友人の生徒のリサイタルに誘われて、行ってきた。

場所は、東京都府中市。中久という古くからやっている酒屋の営む蔵カフェの二階のギャラリーを

展示会やリサイタルに利用できるのだが、そこでのバロックリサイタルだった。

オーケストラで普段見聞きするオーボエではなく、バロックオーボエは、近くで見るとモダンオーボエより

素朴な形をしているように感じた。

木管楽器はオーボエとファゴット、およびオーボエ2本に、スピネットという、かなり小さなチェンバロの

トリオ構成で、演目はヴィヴァルディを中心にイタリアの作曲家のものだった。

ちょうど、3/4はヴィヴァルディの生誕339年であって、その日に演奏したかったけれどスケジュールが合わず、

今日になりました、というMCがオーボエ奏者の一人から入った。

奇しくも6年前の東日本大震災の日である。

そんなことをぼんやり考えながら、今ここにいる自分を意識しつつ、いよいよリサイタルが始まった。

1861年に建てられたという蔵を利用しているので、音も悪くない。空間を気持ちよく音が響くのだ。

座席が奏者から近かったので、手元も良く見えたが、かなり難しい曲であるようだった。

少し一息という感じで、ヴィヴァルディの四季の冬から第二楽章を編曲したものや、スピネットで

バッハのゴールドベルク変奏曲のアリアを演奏したりというのも挟みつつ、個人的には余りなじみのない、

バロックの木管のための曲を聴いていると、自分が別の空間に存在しているような、不思議な気持ちがした。

奏者に尋ねたら(あとで話を聞くという嬉しい機会を得たので)「息はモダンと余り変わらないですが、指(運指法)が

ある意味自由な部分もあって、難しいし、モダンなら簡単に出来ることがそうは出来なかったり、逆に表現に幅が出来る

感じがする」など、貴重な話をして貰えた。

木管の柔らかな響きに、やや金属的でもあるスピネットの響きが絡み合うと、ヴィヴァルディの曲の良さが浮き彫りに

なるように思われた。

こういったミニ・コンサートなどを、気軽に聴けるような環境が近場にあれば良いな、と思う次第である。

生の音が全てとは言わないが、実際に見聞きするということの大切さを、感じることができた良い日となった。

Pocket