Tempestの第一楽章

10か月 ago roman 0
Pocket

取りあえず弾いてみているベートーヴェンのピアノソナタ、第十七番、通称「テンペスト」。

これはシェークスピアの最後の劇と言われている「テンペスト」の名をベートーヴェンが

解釈として弟子のシントラーに示したことに由来するというエピソードがあるが、事の

真偽はともかく、嵐(テンペスト)というのがこの曲にふさわしいのかどうなのか。

第一楽章は分散和音で始まる。和声でいうと、ニ短調であるこのソナタの第五音、

ラを基音とした五度の和音を二オクターブ少し、上方に分散させて始まる。

五度の和音はラ #ド ミ であるが、第二展開で #ドから始まっている。

そこから比較的早いアレグロのテンポの第一主題が始まり、時々最初の

分散和音を度数を変えて提示しながら曲は進んでいく。

弾いてみると、個人的な感覚だが、難易度でいけば恐らく、例えば月光ソナタの

第三楽章よりは低いだろうと思われるこのテンペストの第一楽章。

微妙に弾きづらかったりするのだ。音を外さずに、音を均等に弾くことの

先の話ではあるが…。

私が聴いてみていいなあと思ったのはゲルバーの「テンペスト」なのだが、この曲は

過剰な感情をこめて弾くと重たくなる。かといって情感が無ければ曲としては

味気ない。そのさじ加減の難しいところを、あっさりクリアしている彼の演奏は、

一聴の価値があると思う。

いずれ自分の演奏でもYouTubeにアップしようかと考えているが、今のところ

最初に弾くならバッハになるだろうとは思う。ベートーヴェンなら何か変奏曲が

良いかもしれない。そんな感じだ。

第二楽章はまた、ベートーヴェンの第二楽章は素晴らしいと言った評価が

以前からあるが、その通りで、確かに素晴らしい。

ここを通り過ぎて第三楽章に行くと、第一楽章よりは弾きやすくなる。細かなパッセージ

を上手く弾きこなせれば、ではあるが。

Pocket