フィンガルの洞窟

3年 ago roman 0
Pocket

メンデルスゾーンが20歳の時、イングランドを訪れ、続いてスコットランドに足を

伸ばした。その時ヘブリディーズ諸島を嵐の日に訪れ、フィンガルの洞窟を見、大変

感銘を受けたと姉宛の手紙にもしたためている。

そこから生まれたのが、フィンガルの洞窟という曲であった。

彼が姉に届けたかった「頭に浮かんだもの」は、この曲を介して今現在、私たちも聴くことが

出来る。

木管楽器が歌い、弦も歌いながら、洞窟に打ち寄せる波のように、渦巻くような深い音や

うねりを感じさせ、われわれを魅了するこの曲は、案外知られていないような気もする。

そのフィンガルの洞窟をたまたま、世界の絶景厳選botというツイッターで目にした。

まさに絶景である。

この景色を目にした、若いメンデルスゾーンの感受性と才能をしみじみ思った。

Pocket