音楽家さまざま

3年 ago roman 0
Pocket

音楽家もさまざまである。

作曲家、演奏家、楽器制作者、ここ何十年かのことでいえば、ミキサーやディレクター、その他、

さまざまな、音楽に携わる職業が出来たということもあり、どこを取って音楽家と呼ぶのか難しい

かもしれない。

時代を遡って、音を遺せなかった、過去のことを考えてみる。

作曲家は演奏家でもあることが多かったのは周知の事実かと思う。演奏が出来ない作曲家はまず

いないと言える時代が長く続いていたと思うが、演奏家という種類の人間もいた記録はあり

しかしながらその技量のほどは、作曲家や音楽を良く聴くひとびとの書き残したものでしか

分からないのが残念ではある。

楽器制作の職人のことは今は置いて、作曲家についてちょっと書いてみる。

以前、メンデルスゾーンの、言葉の無い音楽について触れた時書いた記憶があるが、才能が

裕福になれることには結びつかなかったというのは実際、数多くの天才と呼ばれた、大家たち

の生涯について知られている逸話が証明するところであるが、裕福どころか貧乏であったり、

病気がちであったり、不幸な家庭であったり、災難続きであったりと、幸せな生涯を送った

と言われるひとびとと比べると、その才能の分、あたかも代償として、つらい人生を送るという、

まるで、特殊な能力を得ることにともなう犠牲を背負っていたような、そんな感さえある。

ただ、彼らが凡人が考えるような「幸せでない」日々を送ったのだとしても、

はたして彼らは実際に不幸であったのか。その点は大いに疑問である。

曲を書く時、素晴らしい発想が湧いた時、曲を書き上げた時、自分の音楽が聴衆に熱狂的に

受け入れられた時。

それは至福の時であり、他人には推し量ることの叶わない、幸せなのではないかと思う。

何が無くとも彼らには音楽があった。

その事が全てを凌駕する。

それが真に優れた、才能ある、音楽家なのではないかと思う。

Pocket