「夢のあとに」の歌詞を翻訳してみた話

フォーレの楽曲に「夢のあとに」という歌曲がある。この曲はフォーレが1880年頃に書いた op.7-1にあたる曲である。詩人のロマン・ビュシーヌの詩によっている。 大抵、歌ではなく、弦楽器(ヴァイオリンやチェロ)などで奏さ […]

続きを読む


【メフィスト・ワルツ】壮絶なまでのホロヴィッツの演奏

実のところ余り聴かない作曲家であるリストの作品、「メフィスト・ワルツ」。 もう何年前になるか覚えていないが、この曲をホロヴィッツで聴いた時、まさに 度肝を抜かれた思いがした。 魂を吸い取られる感覚を、このピアニストの演奏 […]

続きを読む